会社案内

情報セキュリティ基本方針

平成26年6月27日

株式会社  群馬農協電算センター

代表取締役社長  大 澤 憲 一


情報システムのセキュリティ管理は、重要な情報資産をあらゆる脅威から守るため欠くことのできないものである。

近年、情報機器のめざましい発達により、効率的な事務処理と高度な情報処理機能のもとで運営されているが、一方では災害による機器の故障やシステム障害、さらには人為的な不正行為やコンピュータ犯罪の増加など大きなリスクが存在している。

JAグループ群馬の情報処理受託会社である当社が、信頼を保持していくためには、情報資産に対して適切な安全対策を実施し、保護していかなければならない。

このため、役職員が方針の趣旨を理解するとともに、情報セキュリティに関する諸規定を遵守し、当社における安全対策への取り組み姿勢を明らかにする。

                 記

  1. 当基本方針に基づき、「情報セキュリティ管理基本規程」を策定する。 
  2. 情報、情報システム、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、ファイル、業務上の文書、知識、ノウハウ等の情報資産はJAグループおよび当社の貴重な財産であり、その機密性、完全性、可用性等の確保について、管理体制を整備し、安全対策を実施する。
  3. 情報資産の保護対策を推進するため、情報セキュリティ統括責任者、情報セキュリティ管理委員会を設置する。情報セキュリティ管理委員会は、情報セキュリティ統括責任者の管理・指揮のもと情報セキュリティ基準および運用手順等を策定するとともに、技術、社会、法規制の変化や新たなリスクに応じた見直しを実施する。
  4. 当基本方針、情報セキュリティに関する諸規定を熟知し、定められた規則に従い行動する。違反した際には、就業規則等に基づき罰則を課すものとする。
  5. 「不正競争防止法」、「著作権法」、「特許法」、「個人情報の保護に関する法律」等、情報資産関連の法令を遵守する。