キャベツの保存方法

キャベツは切断面が多くなると呼吸が増えます。呼吸が増えると品質の低下が早くなります。・・・という事は上手な保存方法が必要となってきますよね。
涼しい季節なら、新聞紙等でくるみ冷暗所に置いても大丈夫です。カット売りの場合は、冷蔵庫の野菜室に入れて、できれば新聞紙や湿らせた紙でくるみポリ袋等で軽く包むといい感じでしょう。
使うときは包丁を使わずに、外側から1枚ずつはがすと乾燥せずに長持ちしますよ。
メインへ戻ります。
     キャベツの選び方

まず丸ごと売っている場合です。春系キャベツは巻き方がやわらかで弾力のあるもの、寒玉系は巻き方が固く重量感のあるものがグッドです。
次に切ってある場合は、葉の隙間が詰まり、芯の高さが全体の三分の二以内のものがいい感じです。
根元の切り口が新しいものを選ぶのもいい感じです。
その他の注意点としては、上部に割れ目が入ったり、根元の切り口が割れているものは、古くなったキャベツです。
また、外側の葉が白っぽいものは、葉を何枚かむいたものです。