JA北群渋川Kitagunshibukawa Japan Agricultural Co-operatives
  
HOME > 介護ミニ知識 > 入れ歯の手入れ



 おいしく食べることこそ、健康の源といっても過言ではありません。しかし、年のせいで歯がなくなり、歯茎で食べるために柔らかいものしか食べられない人もいます。
 そんな時、自分に合う入れ歯を作ることが大切です。歯がないと食べるものが制限され、表情も少し寂しくなります。また、歯でかむことで脳が刺激されるとも言われます。
 長く使っているうちに入れ歯が合わなくなる人もいます。そんな場合も、現状にあったものに作り直す必要があります。
 ただし、入れ歯は単純に作ればいいというものではありません。自分の歯と同様に手入れが必要です。寝る前には柔らかな歯ブラシで磨いて、洗浄剤が入った容器に入れておくなど清潔に保管しましょう。
 Aさんは入れ歯を磨かず、洗浄剤に漬けておくだけの毎日でした。そのせいか、しばしば口内炎になることがあり、歯科医に相談したところ、「入れ歯の手入れが悪いから」と言われたそうです。入れ歯もきちんと手入れをしないと、歯石や歯垢(しこう)がたまります。常に清潔に保っておかないと、健康を害することにもなります。
 入れ歯の洗浄剤には、いろいろなものがあります。口臭を取り除いて洗浄するものが一般的ですが、漬けておくと歯石などを除去してくれるものもあります。
 自分の歯をもう一度見直してみましょう。しっかりとよくかんで食べることは、消化を助けます。自分の歯であれ、入れ歯であれ、歯の手入れは大切です。何よりそのことで「いつまでもおいしく食べること」につながるのですから。
                                (高齢者生活研究所所長 JA全農福祉用具アドバイザー 浜田きよ子)


JA広報通信 平成19年4月号より転載


戻る