JA北群渋川Kitagunshibukawa Japan Agricultural Co-operatives
  
HOME > Information > ICキャッシュカード取り扱い開始のご案内

 ICチップを搭載し、より安全になりました。


JAバンクでは、偽造キャッシュカードによる被害防止対策として、平成19年2月13日からICキャッシュカードの発行を開始しました。
従来の磁気ストライプのキャッシュカードにICチップを搭載した併用型キャッシュカードです。偽造や不正な読み取りが困難なICチップを搭載することにより、安全性を強化しました。

ICキャッシュカード機能とクレジットカード機能が1枚になった便利なJAカード(一体型)も3月から発行を開始します。

※ 発行開始時期など、詳しくは窓口までお問い合わせください。



選べる新デザイン!
リーフ 地球 きょきんぎょ

県内のJAはもちろん、全国のJA 、他行ATM、コンビにATMでご利用いただけます。
ICチップを使ったキャッシュカード取引は、JAのICカード対応ATMでご利用いただけます。
ICキャッシュカードに対応していないATMでも、磁気ストライプを使ったキャッシュカード取引が可能です。

ICカード対応ATM
(JAのATMでは↑のマークが目印です)

お取り扱い内容により限度額が異なります。お客様のニーズに応じて変更もできます。
お取扱い内容 発行当初の限度額 変更可能な限度額の範囲 限度額の対象となるお取引
磁気ストライプ 50万円 0〜100万円 ・キャッシュカードによる現金の引き出し
・デビットカードによる取引
・キャッシュカードによるATMからの振込
・キャッシュカードによるお客様
 ご自身以外の口座への振替
ICチップ 100万円 0〜200万円
※磁気ストライプの限度額を下げることで、安全性をより高めることが出来ます
※県内他JAのATMでのお取引の場合、ICチップのお取引でも最高100万円までとなります
※銀行・コンビニ等のATMでのお取引の場合、磁気ストライプの限度額となります
(銀行等のATMは平成19年5月6日から、セブン銀行のATMは平成19年5月14日からICチップの限度額がご利用できます)



 JAカード(一体型) ・・・・ 発行手数料は無料です
  ICキャッシュカード ・・・・ 発行手数料は1,080円です


JAカード(一体型)・ICキャッシュカードはセキュリティ維持のため有効期限(5年)を設定しており、有効期限の到来には新しいICキャッシュカードを発行いたします
(発行の際には上記の手数料が必要となります)



JAカード(一体型)はご利用内容によりATMへの差入方向が異なりますので、ご注意ください

ICキャッシュカードとして利用 キャッシュカードとして利用
クレジットカードとして利用 (磁気ストライプでのお取引となります)

:差し込み方向
 





戻る