JA北群渋川Kitagunshibukawa Japan Agricultural Co-operatives
  
HOME > 概況



 1994年(平成6年)3月1日、北群渋川地区(渋川市、伊香保町、小野上村、子持村、榛東村、吉岡村)の7JAが合併し、北群渋川農業協同組合(JA北群渋川)が誕生しました。
 また、2006年(平成18年)には、渋川市、伊香保町、小野上村、子持村、赤城村、北橘村の6市町村が合併し、「渋川市」となっています

JA北群渋川は総面積192平方キロメートル、人口9万7千人を有しています。関東平野の北西端に位置し、上毛三山にあげられる榛名山のふもとで、利根川を東の境としています。中山間地域が多くを占め、豊かな自然が多く残っています。耕作可能地でも400m以上の標高差があります。

 農畜産物は、群馬県が全国生産の9割を占めるこんにゃく芋で、県内第1位の生産量を誇ります。、県内でもっとも長い歴史を持つりんご、北関東随一の規模を誇る観光ぶどう、チンゲン菜、ブランド牛・榛名山麓牛などさまざまな営農活動を展開しています。



北 群 渋 川 農 業 協 同 組 合
(きたぐんしぶかわのうぎょうきょうどうくみあい)

〒377-0008
  群馬県渋川市渋川157番地
TEL : 0279(23)3315
FAX : 0279(24)6400


代表理事
組合長

保科 一義



・営農事業(購買、販売、倉庫利用、指導、加工、利用)
・信用事業(JAバンク)
・共済事業(JA共済)
・経済事業・農業機械事業・葬祭事業・食材事業・燃料事業・LPガス事業・旅行事業・宅地等供給事業・福祉事業


正組合員   4457人 (含 18法人)
准組合員   4475人 (含 17法人)
                        (平成27年度末)


出資金 1,555,113千円
貯金総額 82,012,468千円
貸出金総額 11,556,130千円
販売品販売高 3,636,780千円
購買品供給高 2,766,934千円
共済保有高 261,358,235千円
(平成27年度末)


役員 常勤理事 3名
非常勤理事 11名
常勤監事 1名
非常勤監事 4名
職員 177名 ( 男性:116名 女性:61名 )
支店数 27店舗 ( 事務所20店舗、給油所2店舗、集荷所、資材店舗、加工所 )

ディスクロージャー誌【PDF】
個人情報保護法に基づく公表事項等に関するご案内
情報セキュリティ基本方針
ADR(裁判外紛争解決)制度への対応について
個人情報保護方針について
利益相反管理方針の概要
反社会的勢力への対応に関する基本方針
金融円滑化にかかる基本方針
JAバンク利用者保護等管理方針


戻る