情報サービス

情報サービス

 

概要

内部統制やコンプライアンスの重要性が増す中、新たな監査対象項目が増加しており、内部監査をとりまく環境も変わりつつあります。また、今日の内部監査にはリスク早期発見なども求められています。
 IT技術を用いて、各業務の取引データを監査することにより、対象業務の実態把握、調査・分析やリスクの早期発見を効率的に実施できるようになります。さらに、システムを導入することにより属人化の排除や不祥事発生の牽制などの効果も期待されます。

内部監査支援システムによる期待される効果

  • 監査品質改善(有効性)、効率性向上への寄与
  • 属人化の排除
  • 不祥事発生の 牽制